​動向・登場人物紹介

​【エコール・ド・パリ/SCHOOL OF PARIS】

​WW1後のパリにモンマルトル・モンパルナスに集った芸術家一群の総称。

​夢を抱いて来仏した外国人(特にユダヤ人)が主で、

芽が出ず堕落した生活を送っていた芸術家も多い

(呪われた画家達とも呼称される…)。

​ボヘミアン的生活をする人々が多く、ダダイズムやシュルレアリスムのメンバーからは

敬遠されることもしばしば。​

お互い積極的に助け合うなど、仲間意識が強いのも特徴。

DkpmY27UcAAEZOg.jpeg

​主要人物

アメデオ・モディリアーニ(芸術家)

【代表作品】***

シャイム・スーチン(芸術家)

【代表作品】***

モイズ・キスリング(芸術家)

​【代表作品】***

ジュール・パスキン(芸術家)

​【代表作品】***

モーリス・ユトリロ(芸術家)

​【代表作品】***

藤田嗣治(芸術家)

​【代表作品】***

マリー・ローランサン(芸術家)

​【代表作品】***

  • さえずり
  • 1