​動向・登場人物紹介

​【20世紀の映画】

映画は前世紀末の1894年に開発された新興メディアだった。

当初は見世物的側面が強く、一時は衰退しかけたこともあったが、

物語を加える等構成をより複雑化させることで

(ジョルジュ・メリエス「月世界旅行」1902年(フランス))

映画はその存在を確立することになる。

1910年代には映画会社も設立され、

1920年代には芸術家による実験的な映像作品等も製作され始める。

1201.jpg

​主要人物

ハンス・リヒター(映画監督)

【代表作品】***

ルイス・ブニュエル(映画監督)

【代表作品】***

セルゲイ・エイゼンシュテイン(映画監督)

【代表作品】***

ジガ・ヴェルトフ(映画監督)

【代表作品】***

レニ・リーフェンシュタール(映画監督)

【代表作品】***

ウォルト・ディズニー(映画監督)

【代表作品】***

フランソワ・トリュフォー(映画監督)

【代表作品】***

黒澤明(映画監督)

【代表作品】***

小津安二郎(映画監督)

【代表作品】***

スタンリー・キューブリック(映画監督)

【代表作品】***

ジョン・フォード(映画監督)

【代表作品】***

オーソン・ウェルズ(映画監督)

【代表作品】***

アルフレッド・ヒッチコック(映画監督)

【代表作品】***

ジョージ・A・ロメロ(映画監督)

【代表作品】***

  • さえずり
  • 1