​動向・登場人物紹介

​20世紀初頭、ドイツを中心に起こった芸術動向。

写実を重視せず、自身の感情や心の内を作品内に直接表現する。

一部のダダイズムや新即物主義のメンバーからは快く思われていない。

​【表現主義/EXPRESSIONISM】

Ds2SpBEWoAEOauy.jpeg

主要人物

ヴァシリー・カンディンスキー(芸術家)

【代表作品】***

フランツ・マルク(芸術家)

【代表作品】***

リオネル・ファイニンガー(芸術家)

【代表作品】***

エドヴァルド・ムンク(芸術家)

【代表作品】***

​20世紀オランダでは、フォービスム(野獣派)やキュビスム、表現主義から影響を受けた。

作品が多く登場していた。

グラフィックアート分野ではマウリッツ・エッシャー、

デザイン分野ではピエト・モンドリアンらが著名。

​【20世紀オランダの近代芸術】

​主要人物

マウリッツ・エッシャー(芸術家)

【代表作品】***

サミュエル・メスキータ(芸術家)

【代表作品】***

DiocWMHW0AAKg9u.jpeg

​合理的で機能面を重視した建築様式を指す。

鉄やコンクリート、ガラス等の工業生産の

材料を主に用いることも特徴。

​【モダニズム建築】

2019上④アアルト.jpg

​主要人物

アルヴァ・アアルト(建築家)

アイノ・アアルト(建築家)

【代表作品】***

ヴァルター・グロピウス(建築家)

【代表作品】***

オスカー・ニーマイヤー(建築家)

【代表作品】***

エラディオ・ディエステ(建築家)

【代表作品】***

​20世紀前半のフランスの文学界では、

詩人アンドレ・ブルトンの創設したシュルレアリスムが挙げられる。

彼らと相互で影響しあったジャン・コクトーや、

構造主義の先駆けとも言われるジョルジュ・バタイユらも当時活躍していた

(二人ともブルトンとは敵対していたようだが…)。

​【20世紀フランスの近代文学】

​主要人物

ジャン・コクトー(芸術家)

【代表作品】***

ジョルジュ・バタイユ(芸術家)

【代表作品】***

Dn3Ys_EU0AAz2F6.jpeg

​16世紀末から17世紀初頭にかけて隆盛した芸術動向

動的でドラマティックな表現が強く、

強烈な光と影の表現を用いることもしばしば。

​【バロック】

Dt3sXmtW4AAoCNc.jpeg

​主要人物

ピーテル・パウル・ルーベンス(芸術家)

【代表作品】***

ディエゴ・ベラスケス(芸術家)

【代表作品】***

ヨハネス・フェルメール(芸術家)

【代表作品】***

  • さえずり
  • 1