​動向・登場人物紹介

​【ロシア・アヴァンギャルド/RUSSIAN AVANGARDE】

​1910年代からスターリンにより「文化革命」が起こる1930年代まで活動をした、

ロシアでの近代芸術運動の総称。

構成主義、シュプレマティスム、LEF等絵画や建築などの分野を超えた活動をする動向も多数。

D13FJEFU4AAtxfi.jpeg

構成主義

現実を「再現」するのではなく「構成」する芸術を目指す。

後に実用性を求め、最新科学等と連携していくようになり、

​デザインや建築を志向するようになる。

主要人物

ウラジーミル・タトリン(建築家)

【代表作品】***

アレクサンドル・ロトチェンコ(芸術家)

【代表作品】***

エル・リシツキー(芸術家)

【代表作品】***

ワルワーラ・ステパーノワ(芸術家)

シュプレマティスム

カジミール・マレーヴィチが考案した絵画様式。

絶対的な抽象画を目指し、円や正方形のみで構成される「無対象」絵画を制作する。

主要人物

カジミール・マレーヴィチ(芸術家)

【代表作品】***

レフ/LEF

WW1戦後マヤコフスキーを中心に結成されたグループ

「芸術左翼戦線」と、発行する雑誌を指す。

詩や文学、映画、写真等多様な分野の

芸術家らの活動の場となる。

​主要人物

ウラジーミル・マヤコフスキー(詩人)

【代表作品】***

セルゲイ・エイゼンシュテイン(映画監督)

【代表作品】***

ジガ・ヴェルトフ(映画監督)

【代表作品】***

DjRt2UhXcAARLEq.jpeg
StenbergB.jpg

ポスターデザイン/Poster Design

ロシア・アヴァンギャルドの中で、

ポスターデザインは他国と比較しても斬新で印象的な

ものが多い。

特にロトチェンコやリシツキー、

ステンベルク兄弟らの作品が著名。

​主要人物

ウラジミール・ステンベルグ(デザイナー)

ゲオルギー・ステンベルグ(デザイナー)

【代表作品】***

  • さえずり
  • 1